DMMWEBCAMPの評判・口コミを現役エンジニアがステマなしで解説

「俺か、俺以外か」で有名なローランドさんをCMに起用したDMM WEBCAMP。

実際のところプログラミングスクールとして良いのか否か気になるところですよね。

本記事ではDMM WEBCAMPを現役プログラマ目線から、実際の評判を交えて徹底的に解説しています。

結論から先に伝えておくと、

  • 少しくらいハードなスケジュールでも大丈夫!
  • それよりも確実に良い企業に就職したい!

と言う人はDMMWEBCAMPが非常にお勧めです。

ちなみにですがこの記事を書いている僕は、2010年に新卒でプログラマとして就職。転職を1回経験し現在も現役プログラマとして日々コードを書いています。

C言語、C++、Java、HTML5/CSS3、JavaScript、PHPなど様々な言語を経験しています。

また実際に受講した人の評判や口コミも集めましたので是非参考に見ていってください。

 

今すぐ無料で受講相談を受けたい場合はこちら[jin_icon_arrowbottom]

>>DMM WEBCAMPに無料相談してみる<<

DMM WEBCAMPに無料相談してみる

では以下目次からどうぞ!

DMM WEBCAMPの良いところ

では最初に現役エンジニア目線で見えてきたDMM WEBCAMPの良いところを見てみましょう。

  1. WEB制作を学べる
  2. 転職保証制度がある
  3. 転職成功率が98%を誇る
  4. 完全オンラインでも学べる
  5. キャリアサポートが手厚い
  6. 95%の受講生が未経験者である
  7. チーム開発がカリキュラムにある
  8. 最大70%キャッシュバックがある
  9. ポートフォリオ制作がカリキュラムにある

上記の通りです。

それぞれ解説していきます。

WEB制作を学べる

DMMWEBCAMPで習得できるスキルはWEB制作です。

主にWEB制作にはフロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアという二つの技術者に分けられます。

DMMWEBCAMPのカリキュラムをしっかりと終了させることができれば、少し複雑なWEBサイトでも、1人でフロントエンド側もバックエンド側も作ることが可能です。

今あなたがこのサイトを見ているように時代はWEBです。簡単な広告でさえWEBページが作られる時代です。

たとえばマクドナルドの新作キャンペーンを宣伝したWEB広告などはよく見ますよね。

他にも「月見バーガー」など、季節ものの商品も毎年新しいWEB広告が作られています。

このようにWEB制作の仕事は無限にあるのです。

さらにバックエンドとフロントエンド、二つをこなせるエンジニアは業界で重宝されますよ。

転職保証制度がある

DMMWEBCAMPには転職保証制度があります。

転職保証制度の内容は「転職出来なかったら受講料を全額返却」というものです。

条件は20代までということですが、DMMWEBCAMPは転職支援付きプログラミングスクールであり、最終目的は企業へ就職なわけですから、この保証制度はかなり心強いです。

就職することができればそこまで達成させた料金として納得できますし、仮に就職に失敗してしまっても全額返却してもらえるんです。

要するにほぼノーリスクで活動ができるということだと思います。

転職成功率が98%を誇る

DMMWEBCAMPは転職成功率が98%という驚異的な数字を叩き出しています。

学習カリキュラムを3ヶ月しっかりとこなすことができれば、ほぼ確実に就職ができると言えます。

SES自体悪いとは思いませんが、98%のカラクリが「SES企業を進められる」「ブラック企業にあっせんされる」と思う人もいるかと思いますが、安心してください。

DMMWEBCAMPでは300社以上の求人が用意されており、3ヶ月の受講で診断されたあなたの性格やニーズにマッチした企業を紹介してくれます。

紹介実績のある企業例をあげると、

上記の通りです。

さらに注目したいのは、DMMWEBCAMPで就職した場合の離職率は1%だということ。

離職率1%という数字は転職成功率98%がかすむほど驚異的な数字です。

離職率は1%ということは、ほぼ全ての人が就職した企業に満足しているという証拠です。

 

今すぐ無料で受講相談を受けたい場合はこちら[jin_icon_arrowbottom]

>>DMM WEBCAMPに無料相談してみる<<

DMM WEBCAMPに無料相談してみる

完全オンラインでも学べる

元々教室へ通うタイプのスクールだったDMMWEBCAMPですが、新型コロナウイルスの影響により、今では完全オンラインでも学べるようになりました。

そのため近くにスクールが無く、通うことを断念していた人も気軽に受講できるようになりました。

完全オンラインだからと言って、カリキュラムの内容は変わらず、チーム開発もオンラインで行います。

コロナの影響により、恐らくですが今後はリモートで働ける企業が急増します。というよりリモートが通常になって行くと思います。DMMWEBCAMPのオンラインチーム開発は、その時戸惑わないための予行練習としても捕えることができますね。

キャリアサポートが手厚い

転職成功率98%、離職率1%という数字からもわかるように、DMMWEBCAMPはキャリアサポート(転職支援)が手厚いです。

というのも転職支援付きのプログラミングスクールは転職支援の形がバラバラでして、中には推薦状を出すだけのスクールもあります。

コミュニケーション能力に長けていて、調整力もある程度ある人なら推薦状だけでも強力な味方になりますが、そうじゃない人にとっての転職活動はなかなかストレスが付きまといます。

DMMWEBCAMPなら自社で人材紹介を行うため、DMMWEBCAMPと企業との間に強力なコネクションがあります。

そのためちょっとした面接での失敗などはDMMWEBCAMP側がカバーしてくれることもあるでしょう。

さらに内定後も卒業生限定サロンなど、スキルアップのための繋がりが非常に強力だと思います。

95%の受講生が未経験者である

DMMWEBCAMPは実に95%もの受講生が未経験者です。自分も未経験者だった場合、この事実は大きなモチベーションにつながるかなと思います。

同じレベルでスタートした場合、人は負けたくないと思うもので、結果的に互いに切磋琢磨して成長できる環境が整うわけです。

ただし注意しなくてはいけないのが、成長スピードには必ず個人差があると言うこと。

とりわけDMMWEBCAMPではかなりハードなスケジュールでカリキュラムをこなしていくため、受講中は必ず差が生まれてきます。

ここで重要なのは「自分ややっぱりダメだ。。」と思わないことです。

僕の話で恐縮ですが、新人研修のときにやはりスキルアップに個人差が生じました。10年前のあの時僕よりもレベルの低かった同期が今では課を束ねる課長になっている。なんてことは往々にしてありえます。

必要なのは自分はダメだと思うことではなく、相手がどのようにして学んだのか聞き出すことです。

見方を変えれば最も近いメンターが誕生したとも捕えることができますよ。

チーム開発がカリキュラムにある

DMMWEBCAMPでは受講2ヵ月目に入ると受講生たちでチームを組みECサイトの開発を行います。

チーム開発というカリキュラムが就職してから非常に重要でして、ほとんどの場合システム開発はチームで行います。

受講中にチーム開発を経験できるプログラミングスクールは多くありません。

さらに現在では完全オンラインにも対応しており、コロナの影響により増えるであろうリモート業務の予行練習にもなるでしょう。

最大70%キャッシュバックがある

DMMWEBCAMPは経済産業省の「第四次産業革命スキル習得講座」に認定されました。

「第四次産業革命スキル習得講座」とは今後成長が見込まれる分野に対して教育訓練を行っている講座が認定される制度です。

要するにDMMWEBCAMPは国から認められたスクールだと言うことです。

「第四次産業革命スキル習得講座」に認定されると、コースは限定されますが国から給付金が受けられるようになり最大で受講料の70%が払い戻されます。

対象のコースは転職コース「専門技術講座」で、最大560,000円もキャッシュバックされることになります。

詳しい情報は公式ページをご覧ください▼

ポートフォリオ制作がカリキュラムにある

DMMWEBCAMPは受講3ヶ月目に入ると、企画からリリースまで自分で行うポートフォリオの制作が始まります。

この工程は転職活動に置いて非常に重要で、転職活動中にあなたのスキルを証明する唯一の武器になります。

制作物を作る工程が無いスクールの場合、自分のスキルを証明することができなくなるため、転職活動が非常に難しくなります。

さらにポートフォリオは今後フリーランスで働くことを視野に入れている人にとっても大きな武器になります。

理由は企業の就職と同じですね。求められるのは「プログラミングができる」人ではなく「プログラミングで何かを作れる」人です。

「プログラミングで何かを作れる」人として自分をアピールできるようにしていきましょう。

 

今すぐ無料で受講相談を受けたい場合はこちら[jin_icon_arrowbottom]

>>DMM WEBCAMPに無料相談してみる<<

DMM WEBCAMPに無料相談してみる

DMM WEBCAMPの悪いところ

続いて現役エンジニア目線で見えてきたDMM WEBCAMPの悪いところを見ていきます。

  1. 1ヶ月の基礎学習はかなりハード

上記の通りです。

1ヶ月の基礎学習はかなりハード

DMMWEBCAMPの悪いところは、ぶっちゃけこれ1つにつきます。

「悪い」と言う言葉で片付けていいものか難しいところではありますが、とにもかくにもスケジュールがめちゃくちゃハードです。

他のスクールが3ヶ月くらいかけて身につける基礎をDMMWEBCAMPでは1ヶ月でやろうとしているんです。

どんなに教材が良く、講師が良くても3ヶ月を1ヶ月にする最もな力は生徒の努力に他なりません。

つまり相当の努力が強いられるということになるでしょう。

ただし努力が必要なのはどのスクールも同じだということを頭に入れておいてください。

 

今すぐ無料で受講相談を受けたい場合はこちら[jin_icon_arrowbottom]

>>DMM WEBCAMPに無料相談してみる<<

DMM WEBCAMPに無料相談してみる

DMM WEBCAMPの評判・口コミ

 

今すぐ無料で受講相談を受けたい場合はこちら[jin_icon_arrowbottom]

>>DMM WEBCAMPに無料相談してみる<<

DMM WEBCAMPに無料相談してみる

まとめ:やる気があるならおすすめです!

まとめると、ハードなスケジュールでも大丈夫と言う人はDMMWEBCAMPは非常にお勧めです。

なにより離職率1%という数字が魅力的すぎます。

何のためにキャリアチェンジをするのかと言えば、「豊かな生活を得るため」ですよね。

豊かな生活にはもちろん給料が伴いますが、働く環境も非常に重要です。

99%の人が働く環境に満足する転職ができるのがDMMWEBCAMPなわけです。

 

ここまで読んでいただけたのなら、すでに相当DMMWEBCAMPへ通うか迷っていますよね。

だとしたらまずは無料相談を予約しましょう。

僕もよく迷って立ち止まってしまうことがありますが、その時間って正直かなりもったいないと思います。

WEBから予約するだけで、流れが生まれます。流れさえ生まれてしまえば行動したも同然です。

あとは流れを見極めて受講するのか辞退するのか、自分で決めればよいだけ。

迷ったらまずは無料相談を予約してみてください。

 

今すぐ無料で受講相談を受けたい場合はこちら[jin_icon_arrowbottom]

>>DMM WEBCAMPに無料相談してみる<<

DMM WEBCAMPに無料相談してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です