ブログ

【SEO】キーワード選定が難しい人向け!簡単なコツを教えます。

  • キーワード選定が難しい
  • キーワード選定の洗い出しがめんどくさい
  • キーワード選定をしても上手くまとめられない

こんな悩みを解決します。

 

この記事を書いている僕のブログ歴は1年ほどになり、現在では月に10万円ほどブログから収入を得ています。

これまで300記事ほど書いてきましたが、いまだにキーワード選定が苦手です。

というわけで今回はキーワード選定が苦手な人でも簡単に、キーワード選定ができるコツを解説していきます。

ビックワードで狙ってみる

結論から言うと、ビックワードを狙って記事を書いてみてください。

これを言うと「ビックワードだと記事を上位表示できないし、アクセスが来ないんじゃない?」と思いますよね。

その通りです。ビックワードだとまず上位表示されることもないですし、アクセスされる可能性も低いでしょう。

ではなぜビックキーワードを狙うとキーワード選定になるんでしょうか。

その答えは、どんな記事でもビックワードならGoogleの検索結果に表示される可能性が高いんです。

この辺りを深掘りしていきます。

そもそもビックワードとは?

ちょっと寄り道ですが、ビックワードやミドルワードが何なのか知らない人もいると思いますので、図を使って簡単に説明します。

こんな感じです。

ビックワードだと検索数は圧倒的に多いですが、その分ライバルも多く、上位表示はされません。検索結果の2ページ目以降になってしまうとアクセスされる可能性は著しく低くなります。

そのため、キーワード選定でスモールワードの抽出をして上位表示を狙うのが、正しいキーワード選定のやり方です。

ビックワードならGoogleの検索結果に表示される

しかし本気でキーワード選定をしようと思うと、「キーワードプランナー」や「ウーバーサジェスト」などを利用して、細かく洗い出していく必要があります。

僕みたいに面倒くさがりだと、この作業が割と辛かったりします。

そこで超裏技なんですが、ビックワードもしくはミドルワードで記事を公開してみてください。

先ほどの図の通りビックワードにはライバルが多く、上位表示することはできませんが、その分検索数が多いため、どんなに順位が低くても検索結果に表示させることができるんです。

サーチコンソールで表示されたキーワードをチェックする

表示されたキーワードはサーチコンソールを使えば簡単に確認することができます。

まだGoogleアナリティクスやサーチコンソールを設定していない人は以下の記事から設定をしてください。

順番は

  1. Googleアナリティクス
  2. サーチコンソール

の順で設定すると、最速で設定することができます。

Googleアナリティクスの設定はこちら▼

【2020年4月更新】最新画像でグーグルアナリティクスの設置・初期設定方法を解説今回はブログを開設したらすぐに入れるべきツール、Googleアナリティクスの設置・初期設定方法を開設します。 Googleアナリテ...

サーチコンソールの設定はこちら▼

最新画像でサーチコンソール(サチコ)の設置・初期設定方法を解説!【秒速で終わります】今回はブログを開設したらすぐに入れるべきツール、サーチコンソール、通称サチコの設置・初期設定方法を開設します。 サーチコンソールが...

サーチコンソールに表示されていると言うことは、需要が高いと言うこと

サーチコンソールに表示されているキーワードはつい最近実際に誰かが検索したキーワードなので、「リアルタイムに近い世間の声」と言うことになります。

つまり需要がある。と言うことですね。

表示されたキーワードでさらに記事を書く

あとはサーチコンソールで拾ったキーワードで記事を書きます。

この時はミドルワードかスモールワードを狙って書きましょう。この繰り返しでどんどん記事を生産すれば、サーチコンソールに溜まるキーワードもどんどん増えていきます。

いつの間にかアクセスを稼ぐ記事も出てくるはずです。

公開から1日でキーワードをゲットできました

実際に僕のサーチコンソールを公開します。

以下は「転職+プログラマ」のミドルワードで書いた記事を公開した1日後の結果です。

上記のように

  1. 転職+プログラマ+未経験
  2. doda+有料
  3. プログラマ+未経験+求人
  4. プログラミングスクール+おすすめ
  5. 転職エージェント+費用

計、5つのキーワードを抽出することができました。

今後はこれに合わせて記事を書いてみようと思います。

徐々にキーワード選定の洗い出しも覚えよう

今回紹介した方法はサーチコンソールさえ導入していれば、誰でも簡単にキーワード選定をすることができます。

しかし今後ブログを伸ばしていくためには、「キーワードプランナー」や「ウーバーサジェスト」を利用したような、《しっかりとしたキーワード選定》のスキルが確実に必要となってきます。

「キーワードプランナー」や「ウーバーサジェスト」を利用したような、《しっかりとしたキーワード選定》が苦手でも、徐々にスキルを磨いていくことをお勧めします。

とにかく悩まず記事を書こう

今回の記事で最も重要なことは、

悩んでるくらいならとりあえず書いてみよう

と言うことです。

その際、ただ闇雲に記事を書くのではなく「サーチコンソールでデータを取る」と言う目的を示しています。

今回の方法なら実際のデータを抽出することができます。

実際のデータとはつまり《経験》です。

記事を書けば、キーワードを取れる感覚、サーチコンソールでそれを分析する感覚などをつかんでみてください。

今回は以上です。