【遅いはない!】将来が不安ならプログラミングスキルを身につけるべき【手に職をつけたい】

今の仕事の将来に不安を感じていませんか?

「コロナ禍での業績悪化。」「再び広がる感染拡大への不安。」こんな状況下、今の仕事の将来に不安を感じている人が急増しています。

不安を感じているなら、今すぐにでも行動を起こして手に職をつけるべき。

 

 

大丈夫。

どんな年齢になっても「遅い」はありません。

 

 

おすすめなのは、こんな状況下でも需要があるプログラミングを学ぶこと。

というわけで今回は、コロナ禍でも安心して通えるオンライン完結のプログラミングスクールをご紹介します。

コロナ禍で今の仕事に不安を感じる人が急増

侍エンジニア塾調べによりますと、コロナが日本で深刻化し出した4月とそれ以前では、「今の仕事が将来的に不安がある」が30%から47%に急増しています。

引用元:侍エンジニア塾

 

つまりコロナ禍によって、今の仕事の将来に不安を感じ、スキルを身につけたくてプログラミングスクールに通う人が急増しているんです。

 

さらに「現在自分のスキルに満足しているか」というアンケートを取ったところ、82%の人が「いいえ」と回答しています。

引用元:侍エンジニア塾

 

つまり今の仕事に不安を感じているが、スキルには自信がない人が多いということです。

こんな状況化でも需要の高いプログラミング

では「どんなスキルを身につけるべきか」ということになってきますが、当然需要の高いスキルを身につけるべきですよね。

プログラミングを扱うIT業界は、コロナ禍においても求人数が多い状況をキープしています。

 

つまりエンジニアの売り手市場は続いているんです。

dodaが発表した2020年9月分の転職求人倍率レポートによりますと、2020年9月時点でIT・通信業界の求人倍率は、4.90と他の業種に比べ圧倒的に高い数字を誇っています。

出典:doda

求人倍率とは

求人倍率とは、求人数を求職者で割った値のことです。

1倍を超え、数値が高くなればなるほど仕事が見つけやすい状態を示しています。

 

IT業界の求人倍率が高い理由の一つとして、

 

プログラミングは

様々な業界で役立つから

 

ということが挙げられると思います。

 

様々なテクノロジー化が進んだ現代で、システムが導入されていない業界はほとんどなく、必ず何かしらIT業界の仕事が絡んでいます。

これから先、ITを導入する業界が増えてきても、非IT化していくような業界はちょっとあり得ませんよね。

様々な業界で役立つということは、それだけ選択肢が多いということです。よって、IT業界の求人倍率はいまだに高い状態をキープしているということです。

それでもコロナ前よりは厳しい

ただしコロナショックによって、IT業界の求人数が減っていることは紛れもない事実。

コロナ前よりも就職・転職が難しくなっていることは間違いありません。

とりわけ未経験からITエンジニアへの転職は難しくなっています。

侍エンジニア塾を運営する株式会社侍の木内翔大社長は「未経験から大手事業会社にエンジニアとして入社することは難しい」と説明しています。

スクールを卒業してすぐに、企画や制作できるような事業会社に転職できるのは、1割程度だと感じています。ただ、最初は下請けの企業であっても、そこからフリーランスや副業につながる可能性も大きい。

転職してはじめは年収300万円程度が普通ですが、1年で年収500~600万円を目指せるのがエンジニアの世界。下積みが短くても稼げる・キャリアアップができる職は、珍しいと思います」(木内氏)

引用:BUSINESS INSIDER

 

 

上記の通りで、最初は下請け企業に入社したとしても、そこから大手へのステップアップへつなげることは十分に可能な業界です。

実際プログラミングスクールを卒業後に下請け会社で半年ほど働き、フリーランスへ転向し年収が300万以上アップした事例もあるほどです。

「身につけさえすれば、自由で楽に稼げる」と思われがちなプログラミングですが、実際はそこまで甘い世界ではなく、常に努力と進歩が必要です。

ただしやる気さえあれば、どんな業界でも活躍することができる人材になり、稼げるようになることがITエンジニア最大の魅力だと思います。

今後は緩やかに景気が回復していく

株式会社帝国データバンクの調査によりますと、コロナショック以降、徐々にではありますが、国内景気は緩やかに持ち直してきています。

引用元:株式会社帝国データバンク

 

 

このデータを元に今後1年程度の国内景気を予想すると、今後の景気は緩やかながら徐々に回復していくと見られています。

引用元:株式会社帝国データバンク

 

つまり、

 

プログラミングスクールを卒業した頃の景気は、
今よりも回復している可能性が高い

 

というとこです。

 

 

今後の感染状況によって、景気が下振れるリスクも大きいですが、今スキルを獲得しておくことは、絶対に無駄にはならないでしょう。

オンライン受講が可能なプログラミングスクール

というわけで、完全オンラインで受講可能なプログラミングスクールをご紹介いたします。

テックキャンプ

テックキャンプはWEBアプリやサイト制作を学べる

転職支援付きのプログラミングスクールです。

 

テックキャンプは転職を目的とするプログラミングスクールで、WEBサイトやWEBアプリを開発するために必要なスキルを徹底的に学びます。

特に今回おすすめなのが、このテックキャンプです。

理由はコロナ禍であっても転職成功率を98.7%と高い水準を維持しているから。

さらにエンジニア転職には人気の自社サービス開発も51%と高い水準です。

3つのコースから選ぶ

テックキャンプには目的に合わせた3つのコースが用意されています。

選べる3つのコース
  1. エンジニア転職
  2. デザイナー転職
  3. プログラミング教養

未経験者にお勧めなのはエンジニア転職コース。

この中でプログラミング未経験者におすすめなのは「エンジニア転職コース」です。

「デザイナー転職コース」はそもそもプログラミングを学べませんね。

「プログラミング教養コース」でもプログラミングを学ぶことはできますが、転職という目的がカリキュラムの中にないので、途中で挫折しやすいかと思います。

30代以上はテックキャンプ一択

もしあなたが30代以上で、未経験からシステムエンジニアへの転職を希望するなら「テックキャンプ一択」です。

なぜなら30代を超えて転職保証制度が適応されるのは、テックキャンプだけだからです。

30代以上になると未経験からシステムエンジニアへの転職は難易度が格段に上がります。これは事実です。

そのため転職保証制度があるプログラミングスクールも20代までという年齢制限がついています。

しかしテックキャンプは30代以上もしっかり保証されるので、万が一転職できない場合、全額返金が適応されます。

というわけであなたが30代以上の場合はテックキャンプ を選びましょう。

受講が終わっても無制限にサポート

テックキャンプは卒業後もキャリアカウンセリングを無償で実施してくれます。

いわゆるアフターサービス的な感じですね。

転職後に不安に感じている点や新しい挑戦に悩んでいるなど、なんでも相談できるので卒業後も心強いプログラミングスクールです。

TRY NOW

テックアカデミー

テックアカデミー はプログラミングやアプリ開発を学べる

オンライン完結のプログラミングスクールです。

 

ウェブCMでは厚切りジェイソンさんが宣伝しています。

選べる17コース

テックアカデミーにはプログラミングを学べるコースが17つ用意されており、業界最多。

コースが多すぎて悩んでしまう不安はありますが、テックアカデミー で学べないプログラミングは無いと思ってOKです。

現役エンジニアが徹底サポート

テックアカデミー は各分野に特化した現役のプロが徹底的にサポートしてくれます。

具体的なサポートの内容は以下の通り。

マンツーマンメンタリング

週に2回ビデオチャットを利用してマンツーマンサポートを受けることができます。

何かを教えてもらう時で最も効果的なのは直接会話をすること。

ビデオチャットを利用することでオンライン完結でも顔合わせながら悩み事や疑問点などを質問することができます。

チャットサポート

ビデオチャット以外の時間もチャットサポートから随時質問することができます。

15時〜23時まで現役プロが待機しているので、時間ないなら即時に回答をもらうことが可能です。

課題レビュー(回数無制限)

課題が完了したら講師に提出し、良い点・悪い点など徹底的にレビューしてくれます。

回数無制限なので、何度でも提出して自分の課題をどんどんブラッシュアップしていきましょう。

TRY NOW

コードキャンプ

コードキャンプはプログラミングやアプリ開発を学べる

オンライン完結型のプログラミングスクールです。

 

完全オンラインでプログラミングを学べるため、仕事や学業と両立することができます。

選べる7つのコース

コードキャンプにはプログラミングを学ぶための7つのコースが用意されています。

主になコースは以下の通りです。

  1. Webマスターコース
  2. デザインマスターコース
  3. Rubyマスターコース
  4. Javaマスターコース
  5. アプリマスターコース
  6. Pythonデータサイエンスコース
  7. WordPressコース

上記のコースで学べる内容を、自分だけのカスタマイズコースにして学習することも可能。

さらに転職支援に特化した「CodeCampGATE」というコースもあります。

現役エンジニアによるマンツーマンレッスン

コードキャンプでは現役エンジニア講師によってマンツーマンのレッスンを受講できます。

1レッスンあたり40分。ビデオチャットを利用して授業を受けることができます。

個人的には「オンライン ✖️ ビデオチャットでのマンツーマンレッスン」がコードキャンプの1番の強みだと思います。

講師は自分で選ぶことができ、毎回違う講師を選択することも可能です。

チャット対応について

コードキャンプでは基本的にチャット対応をしていません。

わからないことがあればレッスンを予約して質問する流れになります。

ただしオプション(月額15,000円)でチャットサービスを受けられるようにもなります。

チャットを利用してガンガン質問したい人は、オプションを利用するか、チャット放題のプログラミングスクールを選びましょう。

チャットし放題のプログラミングスクールならテックアカデミー がお勧めです。

CodeCampGATEにはチャットサポートあり

コードキャンプには未経験からのIT業界に転職を目的としたCodeCampGATEがあります。

CodeCampGATEにはチャットサポートがついています。

内定でAmazonギフト券がもらえる!

CodeCampには「キャリア実現お祝い制度」があり、

  • 内定報告1社につき3,000円分のAmazonギフト券
  • インタビューへの協力で5,000円分のAmazonギフト券

がプレゼントされます。

就職活動に力を入れ、たくさん内定がもらえればそれだけ多くのAmazonギフト券がもらえるので超お得ですね。

TRY NOW

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPはWEBアプリやサイト制作を学べる

転職支援付きのプログラミングスクールです。

 

DMM WEBCAMPは転職を目的とするプログラミングスクールで、WEBサイトやWEBアプリを開発するために必要なスキルを徹底的に学びます。

4つのコースから選ぶ

DMM WEBCAMPにはプログラミングを学ぶための4つのコースが用意されています。

  1. DMM WEBCAMP COMMIT 「短期集中コース」
  2. DMM WEBCAMP COMMIT 「専門技術コース」
  3. DMM WEBCAMP PRO 「転職志望コース」
  4. DMM WEBCAMP SKILLS 「ビジネス教養コース」
サービスリニューアル

DMM WEBCAMPは2020年10月にサービス名をリニューアルしています。

過去との比較表は以下の通り。

従来のDMM WEBCAMPは「転職コース」と「ビジネス教養コース」の2つで構成されていましたが、上記リニューアルによって「DMM WEBCAMP COMMIT」「DMM WEBCAMP PRO」「DMM WEBCAMP SKILLS」という3つのサービスに再構成されています。

中身はほとんど同じなので、上記表を参考にリニューアル前にDMM WEBCAMPを検討していた人は上記票を参考にして下さい。

お勧めはDMM WEBCAMP COMMIT 「専門技術コース」!

DMM WEBCAMPで最も選ぶべきコースはDMM WEBCAMP COMMIT 「専門技術コース」です。

なぜなら、最大で56万円がキャッシュバックされるから!

DMM WEBCAMP COMMIT「専門技術コース」は経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座に認定されたため、同コースで学び条件を満たすことで政府から最大70%の教育訓練給付金が支給されます。

つまり国から認められたプログラミング講座ということ。

完全オンラインならDMM WEBCAMP PRO

「コロナも心配。」「そもそも現職が忙しくてスクールに通うことができない・・。」

といった人は、DMM WEBCAMP PROがお勧めです。

DMM WEBCAMP PROは完全オンラインでプログラミングが学習できるコースなので、パソコンとネット環境さえあれば、自宅で受講が可能。

PCは有償ですがレンタルすることも可能です。

転職支援が必要ない場合は、DMM WEBCAMP SKILLS

転職支援付きのプログラミングスクールとお伝えしましたが、「DMM WEBCAMP SKILLS ビジネス教養コース」だけは転職支援がついていません。

「DMM WEBCAMPでプログラミングを学びたいけど、今すぐ転職する気はない」という人はこちらを選びましょう。

例えばフリーランスを目指すならDMM WEBCAMP SKILLS ですね。

他にも今いる会社のためにプログラミングを学びたいなどといった目的でもこちらがお勧めです。

TRY NOW

侍エンジニア塾

侍エンジニア塾は、

マンツーマン&完全オーダーメイドカリキュラムで学べる

プログラミングスクールです。

 

侍エンジニア塾はオーダーメイドで作成した自分ぴったりのカリキュラムをマンツーマンで学ぶので、無駄が一切ないことが強み。

侍エンジニアなら挫折せずに学べる

一人ひとり、自分に合ったレッスンを自分のペースで学ぶことができるので、途中で挫折してしまう可能性が低いんです。

2019年の調べでは、侍エンジニアの挫折率は8%かなり低い数字に。

独学では挫折率が90%となるので8%の低さがよくわかるかなと思います。

無料体験レッスンも用意されているので、どんな雰囲気なのか体験してみるのも良いかなと思います。

最短30秒で登録完了

4つのコースから選ぶ

侍エンジニア塾にはプログラミングを学ぶための4つのコースが用意されています。

侍エンジニア塾のコース

  1. デビューコース
  2. エキスパートコース
  3. AIコース
  4. 転職コース

4週間〜48週間から期間を選び、最安は月々¥2,908から受講可能です。

各コースの料金など、詳しいことが知りたい人は公式ページをご覧ください。

最短30秒で登録完了

未経験者へのお勧めは転職コース!

プログラミング未経験者におすすめなのが、「転職コース」です。

なぜなら、転職成功で実質無料だから!

侍エンジニアの転職コースは4週間 or 8週間から受講期間を選びます。

受講期間が終了すると、侍エンジニアの徹底サポートにより転職活動を開始。紹介された企業に入社すれば受講料が無料になるんです。

オンライン形式でのレッスンも可能

「コロナも心配。」「そもそも現職が忙しくてスクールに通うことができない・・。」

といった人でも安心で、侍エンジニアではオンライン形式のレッスンも対応しています。

というよりコロナ禍の影響で現在ではオンライン形式が主流になっているようですね。

そもそも、今後オンラインでサービスを提供できない企業はどんどん淘汰されていってしまうと個人的には思います。

最短30秒で登録完了

ポテパンキャンプ

ポテパンキャンプは、

WEBサイトやWEBアプリの作り方を学べる、

プログラミングスクールです。

 

ポテパンキャンプではプログラミング言語の「Ruby」を用いたWEBサイトやWEBアプリの作り方を学びます。

「Ruby」を勉強したければポテパンキャンプ

RubyとはWebサイトやWebアプリケーションを作る上で、重要なプログラミング言語です。

Rubyで開発された主なWebサービスには、

Rubyで開発された主なWebサービス
  • クックパット
  • 食べログ
  • Hulu
  • Twitter

上記のようなサービスがあります。どれも一度は聞いたことがあるものばかりですよね。

ポテパンキャンプでRubyを学ぶと、上記のようなサービスが誰でも作れるようになります。

MacBookが必須

ポテパンキャンプでプログラミングを学ぶにはMacBookを持っていることが必須になります。

もしまだ持っていない人は、料金が割高になってしまうので、別のプログラミングスクールを検討した方が良いかもしれません。

2つのコースから選ぶ

ポテパンキャンプにはプログラミングを学ぶための2つのコースが用意されています。

ポテパンキャンプのコース

  1. Webアプリケーションコース
  2. Railsキャリアコース

コースの違いは以下の通りです。

Webアプリケーションコース Railsキャリアコース
料金 ¥200,000 ¥400,000
期間 2ヶ月 5ヶ月

各コースの料金など、もっと詳しいことが知りたい人は公式ページをご覧ください。

最後に

最後になりますが、プログラミングスクールに通うことを迷っているのなら、まずは無料体験や無料カウンセリングを試してみてください。

とにかく動かない限り「合う」「合わない」の判断もできません。

例え選んだプログラミングスクールが「合わなかった」としても「合わなかったことが知れた」時点で時間の無駄ではないと思います。

と言うわけでまずは「やってみる」から初めてみてはいかがでしょうか。

今回は以上です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です