PyQの未経験におすすめコースは?まずはライトプランからはじめよう

こんにちは。プロラボです。

今回は、

PyQのおすすめコースってどれ?未経験者なんだけど、できれば現役エンジニアの意見を聞きたい。

こんな疑問を解決します!

PyQのおすすめコースは「個人ライトプラン」

 

まず結論ですが、PyQのお勧めコースは「個人ライトプラン」です。

この記事を書いている僕は、現役でシステムエンジニアをやっています。

現在31歳。毎日定時で帰って年収600万くらいです。びっくりするほど高収入なわけではないですが、それなりにストレスのない生活をしています。

システムエンジニアって良いですよ。

 

冒頭でもお伝えした通り、なぜPyQのお勧めコースが「個人ライトプラン」なのか、この記事で深堀していきます。

それでは以下目次からどうぞ!

PyQで学習を始める

PyQのコースは全部で4つ

PyQのコースは全部で4つ。詳細は以下のとおりです。

コース 料金
個人ライトプラン 3,040円/月(税込)
個人スタンダードプラン 8,130円/月(税込)
チームライトプラン 1人あたり10,000円/月(税込)
チームスタンダードプラン  1人あたり19,600円/月(税込)

個人か団体(チーム)で料金が分けられているだけなので、実質「ライトプラン」と「スタンダードプラン」の2つが用意されたコースということになります。

月額支払い制

PyQはプログラミングスクールの中で唯一、月額支払い制です。

完全オンラインで用意されたレッスンを進めていくため、プログラミングスクールというより、「progate」や「ドットインストール」などの学習サイトに近いかもしれません。

MEMO

月額支払い制なので、解約した翌月から料金が発生することはありません。

よくある動画配信サービスなどと同じような感じです。

PyQの公式HPを見る

PyQはPythonを学ぶサイト

PyQはPythonに特化したスクールです。

Pythonとはプログラミング言語の一つで、AI、機械学習、ディープラーニングと相性が良いことが特徴。

特に機械学習とディープラーニングの登場によりAIの成長は目覚しく、多くの企業でAIの導入が進んでいます。

つまり、今最も注目されているプログラミング言語がPythonです。

10年以上の実績

プログラミング界で注目度No1のPythonですが、PyQは多数の書籍を執筆するなで、10年以上の実績があります。

また日々新しい技術を教材に取り入れているので、最新情報を集めるのに必要な時間がゼロになります。

参考

どのプログラミング言語も日進月歩で進んでおり、気づくとあっという間に新しい技術が登場しています。

その成長スピードからプログラミングスクールの教材が著しく古い場合も多々あるんです。

PyQはPythonに特化しているため、最速で教材もアップグレードしています。

ライトプランとスタンダードプランの違い

2つのプランの違いは以下の通り。

どちらのプランも学習内容は全て同じ。

スタンダードプランは「過去質問の閲覧」と「プロへの質問」を行うことができます。

ただしプランの変更は好きなタイミングで変更することができるため、最初からスタンダードプランを選ぶ必要はゼロです。

まずはライトプランから初め、行き詰まってしまい、有識者に質問したいことが発生したらプランのアップグレードを検討すればOKかなと思います。

質問はチャット式じゃない

スタンダードプランにアップグレードしても、PyQの質問システムはチャット式ではありません。

回答までは最長2営業日ほど必要で、すぐに回答が返って来れば良いですが、最悪の場合2日間も学習が止まってしまう可能性があります。

もし質問したい内容が出たらマンツーマンで教えてくれるようなプログラミングスクールへの入学を検討しても良いかもしれません。

PyQの公式HPを見る

面倒な準備は一切不要

本来はプログラミングしたアプリケーションを実行するために、めんどくさい環境構築が必要です。

PyQにログインするだけですぐにでもコーディングをすることができ、作ったアプリケーションはPyQ上で起動することが可能。

1000問以上の実践的な課題が用意されており、コンテンツは常に最新な状態にアップグレードされていきます。

PyQの公式HPを見る

リーズナブルなので未経験者におすすめ

とりあえずPythonを学んでみたい人にとってPyQは非常にリーズナブルでおすすめです。

例えば他のプログラミングスクールでPythonを学ぼうとした場合、8週間の期間で50万円ほど。月々の分割支払いで2万円前後の費用がかかります。

しかも他のプログラミングスクールの場合、万が一挫折して途中でやめても、全額支払う必要があります。

PyQの場合は月額制なので、解約した翌月から料金が請求されることは一切ありません。

解約すると学習コンテンツや質問内容は閲覧することができなくなりますが、再スタートで解約直前の状態から始めることが可能です。

とにかくリーズナブルで、解約のハードルも低く、

とりあえずPythonを学んでみたい人にPyQはおすすめです。

PyQの公式HPを見る

卒業すれば費用は回収可能

プログラミングスクールの中では安い方とは言え、10万を超える金額はそもそもが高いですよね。

でもちゃんと卒業できればすぐに回収できる金額かなと思います。

例えばフリーランスの仕事が受注できるクラウドソーシング「ランサーズ」でサンプルを見てみます。

こちらは報酬は毎月支払われる報酬です。

仕事の内容はテックアカデミーの「フロントエンドコース」を学べばできる内容です。

ただしいきなりここまで高額な案件を受注することはまず無理なので、少しづつ実績を積む必要はあります。

勉強を乗り越えれば未来は明るいです

何よりも「勉強は一瞬、スキルは一生」です。

一度スキルさえ身につけてしまえば、その後の活用方法は無限大です。プログラミングは様々な業界で役に立つ、とても魅力的なスキル。

例えば以下のようなことにプログラミングは活用されています。

  1. カーナビ
  2. Webサイト
  3. スマホのアプリやゲーム
  4. ルンバなどの全自動な家電
  5. NETFLIXやU-NEXTなどの動画配信サービス
  6. コンビニやTSUTAYAなどのPOSシステム(特殊なレジ)

全部生活の一部に組み込まれてるものばかりですよね。

最も大変なのは最初の勉強の時。ここを乗り切れば、明るい未来が待っています。乗り切るために、プログラミングスクールは最も有効な手段だと考えています。

まとめ

というわけで今回は「PyQの未経験におすすめコースは?まずはライトプランからはじめよう」について解説しました。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

今回は以上です。

無料体験レッスンで相談する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です