キャッチコピーを変えればブログ収入が上がる!目を引くライティングテクニック【GDTの法則】

ブログ収益が上がるキャッチコピーの作り方教えます!

  • 「ブログが思ったよりも稼げない。」
  • 「せめて月1万〜5万くらいは稼ぎたい」

こんな悩みを抱えていませんか?

その悩み、キャッチコピーの作り方を変えるだけで解決するかもしれません!

広告の神様デイヴィッド・オグルヴィはキャッチコピーについて、

「平均するとコピーの本文を読む人の5倍のひ人がキャッチコピーを読む。キャッチコピーで商品を売らない限り、あなたは入ってくるはずの90%のお金を無駄にすることになる。」

と言っています。

そこで今回は、

強烈なキャッチコピーを作るために必要なGDTの法則

をご紹介いたいします。

この記事を読み終わる頃には、商品を買いたくなるキャッチコピーを作れる技術が備わります。

ぜひぜひ最後までごらんください。

GDTの法則(3×3ヘッドラインルール)とは

【GDTの法則】とは、ダイレクト・レスポンス・コピーライターの第一人者、マイケル・フォーティン氏によって考案された人間の感情を刺激する法則のことです。

「3×3ヘッドラインルール」とも呼ばれています。

【GDTの法則】は、人間が叶えたいと思っている欲求を3つのレベルに分けて表したもので、

  • Goal:目標
  • Desire:欲望
  • Teaser:本性

上記の通りです。

これらを意識することで、強烈なキャッチコピーを作ることができます。

徐々に深掘りしていきましょう。

GDTの法則が感情を刺激する強さ

【GDTの法則】には、感情を刺激する強さに順番があります。

強さの順番は以下の通り。

『Teaser(本性) > Desire(欲望) > Goal(目標)』

  • 目標|多くの人が欲求を満たすために追求している「目標」です。
  • 欲望|「目標」に紐づく「動機」の部分です。
  • 本性|「目標」を達成するために必要な「行動意欲」の部分です。

Teaser(本性)が最も本能に近いためより強く、Goal(目標)は理性が働く部分なので、感情を訴えるのは難しくなります。

上記を踏まえ、【GDTの法則】をより分解してみましょう。

GDTの法則は[3×3 = 9]のキーワードで構成される

【GDTの法則】を構成する3つのレベルは、さらに3つに分けられ合計9つのキーワードで表しています。

それぞれの内容と共に、例文を見てみましょう。

3つの目標:Goal

「目標」のレベルは【GDTの法則】の中では最も弱い部分とされています。一番理性が働く感情なので、感情に訴えるのは一番難しい部分になります。

時間をかけたくない

人は誰しも最短で目標を達成したいと考えています。全く同じ内容だったら、3ヶ月かかるよりも1ヶ月で達成できる方を選びますよね。

例文)

  • 「3ヶ月で未経験から就職できるプログラミングスクール!」

努力をしたくない

人は苦労するよりも、苦労しない方を選びます。簡単に目標を達成できるなら、楽な方が良いですよね。

例)

  • 「1日10分聞くだけで身に付く英会話」

お金を使いたくない・稼ぎたい

人はできることならお金を失いたくありませんし、常に増やしたいと考えています。

例)

  • 「副業ブログで月5万円は可能です!」
  • 「今なら条件を満たすことで合計30万円がキャッシュバック!」

3つの欲望:Desire

「欲望」のレベルは「目標」のレベルよりも本能に近づくため、強く感情に訴えかけることができます。

「目標」には必ず「動機」があり、「動機」というのはつまるところ「欲望」です。

要するに人は何かを欲しがっているのです。

読者が欲しがっている本能的欲求を刺激することで、感情へ強く訴えかけることができます。

富や名誉がほしい

人は誰しも、他人よりも優れていたいという欲望を持っています。同じ趣味を持つ人々や社会的に認められたいと考えているのです。

例)

  • 「この知識を押さえておけば、家族に尊敬されます。」
  • 「脱サラし、自由な生活を満喫したくありませんか?」

愛がほしい・性的欲求を満たしたい

人は誰でも愛を求めており、性的欲求を満たしたいと考えています。

例)

  • 「女性にモテる男性の10の特徴を解説」
  • 「恋人とのマンネリ解消術!」

快適さが欲しい・不快を避けたい

人は苦労のない快適な生活を望んでいます。この先の不安や悩みを解消し、悩み事のない生活したいという欲望をもっているのです。

例)

  • 「この知識を押さえておけば、家族に尊敬されます。」
  • 「脱サラし、自由な生活を満喫したくありませんか?」

3つの本性:Teaser

「本性」のレベルは【GDTの法則】の中では最も強い部分とされています。一番本能に近い部分なので、動物的に逆らうことのできない部分です。

うまく「本性」のレベルに訴えかけることができれば、読者を行動に駆り立てることができます。

ただし「本性」のレベルばかりに訴えかけると胡散臭い文章になってしまうので使いすぎには注意しましょう。

希少性

人は限定商品や期間限定、プレミア商品など希少性の高いものに強い興味を惹かれます。

「今だけ」「これを逃したら手に入らない」と感じるとすぐにでも欲しくてたまらなくなってしまうのです。

例)

  • 「【期間限定】今から1週間以内に申し込めば、50%OFFでご提供!」
  • 「ついに再入荷!この機会を逃すと次の入荷はいつになるかわかりません!」

好奇心

人は興味や好奇心がそそられることに強い関心を抱きます。読者の好奇心をうまく煽ることができれば強烈なキャッチコピーとなるでしょう。

例)

  • 「他では誰も勧めない本当におすすめな映画30選」
  • 「ネットや雑誌に載っていない、本当は教えたくない穴場キャンプ場5選」

反社会性

人は一般的には非常識だと言われていたり、思っていることなど、思わず驚いてしまうような過激なものに興味をそそられます。

例)

「限りなく黒に近いグレーな稼ぎ方」

「芸能人〇〇の不倫発覚!30年も隠し続けた本性とは?」

9つのキーワードに商品を当てはめて強烈なキャッチコピーに!

以上、9つのキーワードと例文をご紹介しました。

強烈に目を引くキャッチコピーの作り方は、今回ご紹介した9つのキーワードに紹介したいサービスや商品を当てはめてみてください。

9つ全部出さなくても大丈夫。

最初は難しく、かなりの時間を使ってしまいますがじっくりと考えてみてください。

ちなみにこの記事のキャッチコピーもGDTの法則を意識して作っています。

もう一度、この記事のキャッチコピーを見てみましょう。

【本性:好奇心】

ブログ収益が上がるキャッチコピーの作り方教えます!

【目標:お金をかけたくない・稼ぎたい】

「ブログが思ったよりも稼げない。」

「せめて月1万〜5万くらいは稼ぎたい」

こんな悩みを抱えていませんか?

【欲望:快適さが欲しい・不快を避けたい】

その悩み、キャッチコピーの作り方を変えるだけで解決するかもしれません!

広告の神様デイヴィッド・オグルヴィはキャッチコピーについて、

「平均するとコピーの本文を読む人の5倍のひ人がキャッチコピーを読む。キャッチコピーで商品を売らない限り、あなたは入ってくるはずの90%のお金を無駄にすることになる。」

と言っています。

【本性:好奇心】

そこで今回は、強烈なキャッチコピーを作るために必要なGDTの法則をご紹介いたいします。

この記事を読み終わる頃には、商品を買いたくなるキャッチコピーを作れる技術が備わります。

ぜひぜひ最後までごらんください。

いかがでしょうか?それぞれキーワードに対応するように、ブロック分けをしてみました。

コツはとにかく実践してみることです。

前述の通り、最初は難しく考えることに時間を使ってしまいますが、何度も繰り返すことで「この商品だったらこのワードが使えそうだな。」「いつものこのワードなら好奇心を煽れそうだ」とボキャブラリーが必ず生まれます。

そうなれば、スラスラと売れるキャッチコピーが書けるようになりますよ!

まとめ

目を引くライティングテクニックとして【GDTの法則】をご紹介しました。

本記事はRayさん著の「伝えて動かす!WEBライティングの教科書」を参考にしています。

WEBライティングを学びたい人にとっては、マストで読むべき本なのでぜひ一度ご覧いただきたいなと思います。

created by Rinker
¥250 (2021/09/21 23:11:24時点 Amazon調べ-詳細)

月額980円の本のサブスク「Kindle Unlimited」に入会すれば、「伝えて動かす!WEBライティングの教科書」を0円で読むことができます。

この機会にぜひ「Kindle Unlimited」をお試しください!

また防水のKindleを使えばお風呂で読むことができますよ!

Kindle Paperwhite(ペーパーホワイト)がおすすめ!捗るお風呂読書

というわけで今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です