【スクール比較】「侍エンジニア塾」と「コードキャンプ」はどちらがおすすめ?【違いを徹底解説】

プログラミングスクール選びに迷っているあなたへ!

プログラミングスクールってめちゃくちゃ多くて、どれを選べば良いのか難しいですよね。

「侍エンジニア塾」と「コードキャンプ」ならどちらがオススメなのかを知りたくて、この記事にたどり着いたのではないでしょうか?

結論から言うと、

  • エンジニアとして、やりたいことが決まっている人は → 「侍エンジニア塾」
  • オンライン学習でも絶対に挫折したく無い人は → 「コードキャンプ」

 

上記の通りです。

侍エンジニア塾は、オーダーメイドでカリキュラムを組み合わせることができます

組み合わせは無限大ですし、組み合わせるスキルによって教わる内容は大きく変わります。混ぜる色によって出来上がる色が全然違うことをイメージしてもらうとわかりやすいかもしれません。

オーダーメイドでカリキュラムを組めるのは、侍エンジニア塾だけ。

やりたいことが決まっていて、決意が硬い人は侍エンジニア塾がおすすめです。

 

 

対するコードキャンプも、オンライン完結型のプログラミングスクール特徴的なのは週に2〜3回、40分のマンツーマンレッスンを受けられる点です。

レッスンはビデオチャットで行い、7時〜23時の間なら、365日好きなタイミングで予約することができます。毎回講師を変更することも可能なので、講師が気に入らなければ変えても良いですね。

完全オンラインで、40分もマンツーマンレッスンしてくれるのはコードキャンプだけ。他校の場合は自習スタイルがほとんです。

マンツーマンレッスンは自習スタイルよりも身に付くスピードが早く、挫折しづらい特徴があります。

挫折することなく、確実にプログラミングの知識を身につけたい人は、コードキャンプが良いでしょう。

 

とはいえ、もっと細かく比べてから決めたい人も多いですよね。

というわけで本記事では、

プログラミングスクール選びに重要なポイントを8つに分け、

 

「侍エンジニア塾」と「コードキャンプ」を比較していきます。

今回ご紹介する8つのポイントは他のプログラミングスクールでも同じように比較できるので、プログラミングスクール選びの参考にしてみてください。

 

たまに専門用語っぽい単語も出てきますが、「ふ〜ん」くらいで聞き流してくれればOKです。学び出せばすぐに理解できる内容ですので。

もしどうしても気になる単語があれば、コメント欄から質問してください。

 

良いプログラミングスクールは人によって異なる

大切なことを先にお伝えしておくと、プログラミングスクールは数多く存在しますが、「このスクール一番良い!」「このスクールさえ選んでおけばOK!」というスクールは存在しません。

どのスクールにも「得意」「不得意」があり、あなたにとって「合う」「合わない」があります。

それぞれの特徴を吟味し、最も自分に「合う」プログラミングスクールを選択することが大切です。

まずは両スクールの概要を解説した後で、8つのポイントに分けて比較していきます。(各ポイントで説明が重複する場合があります。)

「侍エンジニア塾」とは

「侍エンジニア」は、

豊富なプログラミング言語から、
好きなカリキュラムを組み合わせることができる、

転職支援付きのプログラミングスクールです。

侍エンジニア最大の魅力は、目標に応じて学びたいスキルを選ぶことができる点です。

完全オーダーメイドなので、可能性は無限大。

プログラミング言語やスキルは本当に多種多様なことに加え、セットで学ばないとわからないこともあるんです。

侍エンジニアは、あなたが作りたいモノまでの道をしっかりと導いてくれると考えて良いでしょう。選択するコースによってオーダーメイドができない場合があります。

最短30秒で登録完了

コードキャンプ

コードキャンプは、
マンツーマンレッスンでプログラミングを学べる、

オンライン完結型のプログラミングスクールです。

 

完全オンラインでプログラミングを学べるため、仕事や学業と両立することができます。

 

プログラミングスクールを比較する時に重要な8つのポイント

プログラミングスクールを比較する時に重要な8つのポイントは以下の通り。

  1. 受講料
  2. 受講期間
  3. 受講スタイル
  4. 学べるスキル
  5. 保証制度など
  6. 年齢制限
  7. 転職支援
  8. 無料体験

それぞれのポイントにしぼり、「侍エンジニア塾」と「コードキャンプ」を比較していきましょう。

ポイント1:
受講料

プログラミングスクールの受講料は各校で全然違います。

分割に対応していなかったり、キャッシュバックの特典があるスクールもあるので、是非チェックしておいてくださいね!

料金
侍エンジニア塾
  • デビューコース:69,800円〜
  • エキスパートコース:369,930円〜
  • AIコース:512,460円〜
  • Webデザインコース:69,800円〜
  • フリーランスコース:569,400円〜
  • 転職コース:128,000円〜(転職成功で実質無料)
コードキャンプ
  • 8週間:148,000円
  • 16週間:248,000円
  • 24週間:298,000円

侍エンジニアの料金について

侍エンジニアの料金は各コースによって異なります。

さらにそれぞれのコースは受講期間を選ぶことができ、期間によっても料金は変動します。

1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月
デビューコース 69,800円 198,930円 283,860円
エキスパートコース 369,930円 682,860円 1,023,720円
AIコース 512,460円 862,920円 1,401,840円
Webデザインコース 69,800円 209,400円
フリーランスコース 569,400円 958,800円
転職コース 128,000円 256,000円

上記の通りです。

それぞれ分割で支払うことも可能です。

また転職コースのみ侍エンジニア塾に紹介された企業に就職することで、受講料が全額キャッシュバックされます。(転職コース = 実質無料)

 

コードキャンプの料金について

コードキャンプは3つの受講期間から選ぶことになり、期間によって料金が変わります。

8週間 148,000円
16週間 248,000円
24週間 298,000円

期間が長い方がお得になり、8週間プランを3回申し込む(8×3=24)よりも24週間プランの方が146,000円もお得です。

 

ポイント2:
受講期間

受講期間にも各校で違いが出ます。

1ヶ月の中に一気に詰め込むスクールもあれば、半年間じっくりと勉強するスクールもあります。

受講期間
侍エンジニア塾
  • 1ヶ月〜12ヶ月から選択
コードキャンプ
  • 8週間
  • 16週間
  • 24週間

侍エンジニアの受講期間について

侍エンジニアは1ヶ月〜12ヶ月から受講期間を選ぶことができます。

各コースによって選べる受講期間は違ってくるので、ご注意ください。

1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月
デビューコース
エキスパートコース
AIコース
Webデザインコース
フリーランスコース
転職コース

侍エンジニア塾の無料体験レッスンに参加すれば、自分のライフスタイルに合った受講期間の相談ができるので、まずは相談してみてください。

最短30秒で登録完了

コードキャンプの受講期間について

コードキャンプの受講期間は先ほどの料金でも解説したとおり、3つの期間から選ぶことができます。

  • 8週間
  • 16週間
  • 24週間

社会人の方におすすめなのが、16週間プランと24週間プランです。

学習期間を選ぶときに注目すべき点は、1週間あたりの学習時間目安をチェックしてみてください。

コードキャンプの場合、

  • 16週間:約10〜15時間/週
  • 24週間:約5〜10時間/週

上記を1日辺りに換算すると1時間〜2時間くらいなので、働きながらでも無理なく続けられそうですよね。

実際は土日に数時間勉強して平日2日は休みにするなど、柔軟なスケジュールを組んでOKだと思います。

とにかく1週間で無理なくこなせる期間を選ぶようにしてください。

ポイント3:
受講スタイル

受講スタイルも各校で違いがあります。

例えば「完全オンライン完結」だったり、「チャット対応」をしていたり。

スタイルによって「合う」「合わない」は必ず別れますので、要チェックですね。

受講スタイル 教室 オンライン チャット対応
侍エンジニア塾
  • マンツーマンレッスン
  • 自習形式
×
コードキャンプ
  • マンツーマンレッスン
  • 自習形式
× ×

侍エンジニアの受講スタイルについて

侍エンジニアも用意されたカリキュラムに沿って、自習形式でプログラミングを学習します。

また週に1回専属のメンターとマンツーマンレッスンもあるので、より理解が進み、挫折しづらい環境になっています。

生徒専用の質問掲示板もあるので、疑問点があれば掲示板で質問するようにしましょう。

コードキャンプの受講スタイルについて

コードキャンプの受講スタイルは、週に2〜3回オンラインのマンツーマンレッスンでプログラミングの学習をします。

1回のレッスンは40分で、ビデオチャットを利用して行います。

 

「オンライン ✖️ ビデオチャットでのマンツーマンレッスン」はコードキャンプの1番の強みです。

 

他校の場合、自習スタイルがほとんどなので、結局は自分主体なんですよね。

もちろんマンツーマンでも主体的に勉強しなくてはいけませんが、講師がリードしてくれる分、圧倒的に挫折しにくいし、確実にプログラミングの知識が身につきます。

自習に自信がない人はコードキャンプ一択ですね。

ポイント4:
学べるスキル

一重にプログラミングといっても、その種類は豊富で世の中には100を超えるプログラミング言語があります。

言語が違うと、出来ることも全く違います。

選択を誤ると「AIの仕事をしたかったのに、WEBサイトを作る羽目に・・・」なんてことになりかねません。

各スクールで学べる言語は違うので、自分がやりたいことを学べるかしっかりと押さえておきましょう。

学べるスキル チーム開発 ポートフォリオ
侍エンジニア塾
  • 完全オーダーメイド
なし あり
コードキャンプ
  • HTML/CSS
  • JavaScript
  • Swift
  • PHP
  • Ruby
  • Java

などなど

なし なし

侍エンジニアの学べるスキルについて

侍エンジニアは自分の目標にそって、多種多様のプログラミング言語の中から学びたいスキルをカスタマイズすることができます。

オーダーメイドでカリキュラムを作れるのは侍エンジニア塾だけ。

このシステムがメチャクチャ面白いプログラミングスクールだなと思います。

自由度を高く勉強したいのなら侍エンジニア塾が最も最適ですね。

ただしオーダーメイドでカリキュラムを組めるのは、「エキスパートコース」「AIコース」の2つのコースとなるのでご注意ください。

 

オリジナルのポートフォリオも制作するので、転職活動時に強い武器として利用することができます。

他校の場合、授業内で作成するWebサービスをポートフォリオとしているスクールも多く、「卒業生は全員同じポートフォリオ」で面接官がうんざりしてしまうということが起きてしまうんですよね・・。

侍エンジニア塾の場合は完全オリジナルのなので、誰かとかぶることはありません。

「オリジナルを考えて作る」ってとても大変です。ですが、その分自分の力にも自身にも繋がるので、絶対に経験しておくべきですね。

コードキャンプの学べるスキルについて

コードキャンプは大きく分けて、

  • WEBサイト・アプリの開発
  • スマートフォンアプリの開発
  • 業務系アプリの開発

上記3つのスキルセットを学ぶことができます。

 

選ぶコースによって細かいスキルは変わってきますが、WEB系かスマホアプリ系の学習ができると思っていれば間違いないでしょう。

また全てのスキルが受け放題の「プレミアムプラス」「プレミアムコース」というコースも用意されているので、必要に応じて選んでください。

ただ個人的には「プレミアムプラス」や「プレミアムコース」は受講する必要はないかなと思います。

理由は単純に料金が高くなるからと、短期間にスキルを詰め込みすぎても身にならないからです。

WEBサイトとスマホアプリが同時に作れるようになっても、同時に両方作るような仕事はありませんからね。

直近では、どちらかのスキルが確実に無駄になりますよ。

ポイント5:
保証制度など

どのプログラミングスクールも高額だったり、転職が目的だったりと、人生において失敗できないことばかりです。

ただどんなに調べても実際に通ってみないとわからないことは多いと思います。

そんなわけで保証制度を用意しているスクールもあるので、どんな保証があるのかもチェックしておきましょう。

料金
侍エンジニア塾
  • 転職成功で受講料全額返金あり
コードキャンプ
  • とくになし

侍エンジニア塾の保証制度について

侍エンジニア塾は「転職コース」のみ全額返金してくれる制度があります。

侍エンジニア塾が紹介した企業へ転職成功すると、受講料は全額返金されるため実質完全無料でプログラミング学習と転職支援をうけることができます。

プログラミング学習の目的が転職なら転職コースがおすすめです。

ポイント6:
年齢制限

転職支援付きのプログラミングスクールには年齢制限があるところが多く、ほとんどのスクールは20代までとなっています。

その理由は30代になると一気に転職成功率が下がるから。

ただし、30代でも40代でも転職支援を受けれるスクールはあるので、安心してください。

年齢制限
侍エンジニア塾 とくになし
コードキャンプ とくになし

 

ポイント7:
転職支援

転職支援が付いているか否かも重要です。

キャッシュバックの条件が「スクールが紹介した企業に入社」だったりするので、すぐに就職や転職を考えてないのなら、そういったスクールは避けるべきでしょう。

転職支援
侍エンジニア塾 あり(1コースのみ)
コードキャンプ あり(1コースのみ)

侍エンジニア塾の転職支援について

侍エンジニア塾は「転職コース」のみ転職支援がついています。

「転職コース」は最初に預かり金を侍エンジニアに預けることで受講が可能になり、転職に成功すると預かり金が返却されます。

その後受講料を支払う必要もありません。

 

コードキャンプの転職支援について

コードキャンプには「コードキャンプGATE」というコースのみ転職支援がついています。

こちらもオンライン完結なので、自宅でプログラミングの勉強から転職支援まで受けることが可能です。

 

詳しい転職先などは、以下の記事を参考にしてください。

コードキャンプの就職(転職)先はどんな企業がある?未経験でも希望あり!

ポイント8:
無料体験

ほとんどのプログラミングスクールは高額です。たとえ無料だったとしても、その後の人生を大きく左右する可能性があります。

入校してから「こんなはずじゃなかった・・・。」とならないように、無料体験や無料カウンセリングが用意されているスクールなら積極的に受けるようにしてください。

無料体験/カウンセリング
侍エンジニア塾
  • 無料体験レッスン
コードキャンプ
  • 無料体験レッスン

侍エンジニア塾の無料体験レッスンについて

侍エンジニア塾は無料体験レッスンを受けるとこができます。

授業の進め方や、カリキュラムの質、講師の質な度を判断するのに無料体験レッスンは最適です。

結局、どんなに調べても自分で体験してみることに勝るものはないですからね。

少しでも気になっているなら無料体験レッスンを受けてみましょう。

さらに無料体験レッスンを受けるだけで、2,000円分のAmazonギフト券がもらえるので、万が一「質が悪い」と感じても時間の無駄にはならないですよね。

現在はコロナの影響で全てオンラインで受講することが可能です。

最短30秒で登録完了

 

コードキャンプの無料体験について

コードキャンプにも無料体験レッスンがあります。

コードキャンプの無料体験に申し込むと、コードキャンプ独自で開発した教科書の内容を無料で閲覧できるようになります。

さらに1回だけ40分のレッスンを受けることができるので、実際にコードキャンプの雰囲気が分かりやすいと思います。

しつこい勧誘などもありませんので、まずは一度無料体験をしてみることをお勧めします。

TRY NOW

まとめ

というわけで7つの重要なポイントに分けて、「侍エンジニア塾」と「コードキャンプ」を比較してきました。

今回「自分に合うかも。」と感じたプログラミングスクールにぜひ無料体験・カウンセリングをしてみてください。

というわけで今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です