転職

【実体験】本気なら絶対に転職エージェントを使うべき話

  • そもそも転職エージェントって何?
  • 転職エージェントと転職サイトって何が違うの?
  • 転職エージェントのメリットとデメリットを知りたい
  • 転職を考えているけど、どうすればいいかわからない

こういった疑問に答えます。

 

この記事を書いている僕は、転職エージェントを利用して転職を成功させました。今回は実体験を交えて回答していきます。

結論から言うと、本気で転職を考えているのなら転職エージェントは絶対に使うべきです。

そもそも転職する方法はいくつある?

ひとえに転職といっても、現在ではいろいろな方法があります。

主な転職の方法として挙げられるのは以下4つ。

  1. コネで転職する
  2. 自力で企業に応募する
  3. 転職サイトを利用する
  4. 転職エージェントを利用する

こんな感じです。

それぞれ説明していきます。

コネで転職する

4つの中で最もイージーモードな転職方法。最強です。

なぜイージーなのかと言うと、圧倒的な確率で書類選考を突破できるからです。転職において最も通過率が低いのは書類選考のタイミングです。

そもそも年齢がマッチしないだけで読んでもらえない可能性も大いにあり得ます。

しかしコネの場合は、ほぼ100%一次面接までたどり着くことができます。と言うか面接にたどり着けないならコネと呼べないかもしれないです。

そしてコネで転職してくる人は思ったよりも多いです。いったん退職して再び同じ企業に戻るようなカムバックもここに入るかもですね。

ただ転職方法の中でもかなり特殊なケースなので、選択肢として自由に選ぶことはできないですね。

自力で企業に応募する

4つの中で最もハードな転職方法です。正直に言えば今の時代この方法はお勧めしません。

具体的な方法は、気になっている企業のコーポレートサイトから採用情報を確認し、自力で「履歴書」や「職務経歴書」などの書類を郵送します。

今の時代、コーポレートサイトのない企業などほぼ存在しないですよね。自分の最もきになる企業に挑戦できると言う点が自力で企業に応募する最大のメリットです。

ただ自力で企業に応募する場合デメリットの方が目立ちます。

自力で応募するデメリット

  1. 面倒な手続きを全て自分でやらなくてはいけない
  2. 誰の紹介でもないので、書類を読んでもらえる可能性が低い

転職における入社までの手続きですが、正直めちゃくちゃめんどくさいです。

ざっと挙げただけでも

入社までの手続き

  1. 書類(履歴書や職務経歴書)の作成・郵送
  2. 面接の日程調整
  3. 年収の交渉
  4. 入社日の相談

こんな感じです。

さらにやり取りするのは主に採用担当の方なので、メールの文章にも気を使う必要があったり、確かなスピード感を持って対応しないと印象はすぐに悪くなってしまいます。

また気になるような企業は、他の人も同じように気になっているのことがほとんどなので、当然応募も多く、誰の紹介でもない限り書類に目を通してもらえる可能性も低くなっていきます。

転職サイトを利用する

4つの中で最もポピュラーな方法でしょう。「リクナビ」や「doda」などが転職サイトに該当します。

正直いって現在のWEB上には転職サイトであふれています。

どのサイトも似たようなUIなので使いやすく、バイトを探すような感覚で転職先を探すことができます。

転生サイトを利用するメリットを挙げると

  1. 無料で利用できる
  2. 業種・職種で検索できるので、企業を探しやすい
  3. サイトにレジュメを登録するので、企業からスカウトを受ける可能性がある

こんな感じです。

特にスカウトを受けた場合、すぐに一次面接まで到達できるので転職の成功率がグッとあがります。

しかし基本的にサイトを運営している企業は、入社までの手続きにはノータッチなので自力で企業に応募する方法と同じように、面倒な手続きを自分でやる必要があります。

転職エージェントを利用する

4つの中で最もおすすめな転職方法です。僕もこの方法で転職に成功しました。

転職エージェントとは、あなたと企業の間に転職のプロが介入します。

主なメリットは、

  1. 無料で利用できる
  2. 未公開求人がある
  3. エージェントから求人の紹介がある
  4. 企業からスカウトされる場合がある
  5. 面倒な手続きはエージェントがやってくれる
  6. 書類(履歴書や職務経歴書)の添削をしてくれる
  7. 面接に失敗してしまった時、面接後にエージェントがフォローしてくれる

こんな感じです。

 

デメリットを挙げると、

  1. 4つの方法で最も自由度が低い
  2. エージェントも人間なので当たり外れがある

こんな感じです。

さらにメリットとデメリットを、僕の実体験も交えて深掘りしていきます。

転職エージェント使うべき理由(メリット)

先ほど書いたメリットを深堀して言います。

おさらいすると、

  1. 無料で利用できる
  2. 未公開求人がある
  3. 面接対策をしてくれる
  4. エージェントから求人の紹介がある
  5. 企業からスカウトされる場合がある
  6. 面倒な手続きはエージェントがやってくれる
  7. 書類(履歴書や職務経歴書)の添削をしてくれる
  8. 面接に失敗してしまった時、面接後にエージェントがフォローしてくれる

ですね。

特に最後の「面接に失敗してしまった時、面接後にエージェントがフォローしてくれる」だけでも転職エージェントは使うべきです。

順番に解説していきます。

無料で利用できる

転職エージェントは無料で利用することができます。

でもなぜ《転職のプロ》と言う人件費がかかるはずなのに無料なのでしょうか。

その理由は、成功報酬型と言う求人の利用体系にあります。

転職エージェントにおける成功報酬型とは、転職エージェントを介して採用に成功した場合、採用した企業が転職エージェントの運営会社に対して報酬を支払う仕組みです。

転職エージェントの人件費などは全てこの報酬から賄っているため、転職希望者=あなたは無料で転職エージェントを利用することができます。

未公開求人がある

転職エージェントを利用するとほとんどの場合、登録後に閲覧可能となるサイトがあり、「転職サイト」では見れないような求人も多数あります。

この理由は「転職エージェントを介している」と言う信頼性の高さによるものです。

企業へ書類を提出する前に、転職エージェントが先に書類を精査するため明らかに求めている人材とスキルがマッチしないケースをあらかじめ省くことができます。

結果的に転職エージェントを利用しないと閲覧することができない求人が多くなり、転職者の選択肢が広がることにつながります。

エージェントから求人の紹介がある

転職エージェントを利用すると分かりますが、膨大な数の求人が存在します。

膨大な数の求人から希望の転職先を探す作業というのは、思ったよりもずっと大変です。慣れていないと求人の一覧を眺めれば眺めるほど、どこに応募して良いのかわからなくなっていきます。

そんな時も転職エージェントなら過去のデータやあなたのスキルを鑑みて、転職軸にマッチしそうな求人を提案してくれます。

もちろん《提案》という形なので、そこから実際に応募するか否かはあなた次第なので安心してください。

企業からスカウトされる場合がある

「転職サイト」と同様に、転職エージェントを利用した場合も、企業側からスカウトされる可能性があります。

これはあなたのスキルなど一部の情報が企業側に公開されており、企業側が求めている人材と判断した場合、会って話をしてみたいと思うからです。

スカウトの場合、いきなり一次面接からスタートなので転職の成功率がグッとあがります。

個人情報など、あなたが特定されるような情報は企業側に公開されることはありません。

転職サイトや転職エージェントに登録したからといって、現職の企業に身バレするなどといったことは起こらないので安心してください。

面倒な手続きはエージェントがやってくれる

転職エージェントを利用すれば、転職における面倒な手続きはほとんどエージェントが代行してくれます。

ざっと入社までの手続きをあげると、

入社までの手続き

  1. 書類(履歴書や職務経歴書)の作成・郵送
  2. 面接の日程調整
  3. 年収の交渉
  4. 入社日の相談

こんな感じです。

面接以外で企業と関わることがないため、面接対策へ注力を注ぐことができます。実はこれがかなり大きく貢献してくれます。

書類(履歴書や職務経歴書)の添削をしてくれる

転職活動で最も難易度が高いのが、書類選考です。

書類の通過率は30〜50%が相場で、場合によっては目を通してもらえないことも多々あります。さらに不通過理由さえ教えてくれない企業もほとんどです。

2020年5月現在、コロナ禍でさらに通過率は下がっているでしょう。

転職エージェントを利用すれば、最も難易度が高い書類選考を少しでも有利に働かせるため、なん百人もの書類に目を通したエージェントが力になってくれます。

面接に失敗してしまった時、面接後にエージェントがフォローしてくれる

今回僕が最も転職エージェントをお勧めする理由です。

転職エージェントはあなたと企業の間に入っているため、企業とも日常的にコミュニケーションをとっています。特に面接直後はデータ収集も兼ねて、採用担当の方に連絡を取るケースが多いです。

緊張のあまり面接時の質問にうまく答えられないケースは数え切れないほどあります。

特に志望度の高い企業だと絶対に合格したいあまり、余計に緊張してしまい失敗してしまう。なんてことも少なくはありません。

こんな時に限って、面接終了後に完璧な回答が思い浮かんだりするものです。

そんな場合は面接終了後、すぐにエージェントに連絡を取りましょう。

思い浮かんだ完璧な回答をエージェントに伝えれば、採用担当の方へ伝えてくれます。

さらに志望度の高さや行動力が評価される可能性が見込めます。

実際僕も転職エージェントのおかげで、ズタボロだった一次面接を突破し、二次面接までたどり着けた企業がありました。

転職エージェントのデメリット

転職エージェントのデメリットについても掘り下げていきます。

先ほど挙げたデメリットは、

  1. 4つの方法で最も自由度が低い
  2. エージェントも人間なので当たり外れがある

です。

4つの方法で最も自由度が低い

「コネで転職」「自力で企業に応募」「転職サイト」「転職エージェント」の4つの中で、「転職エージェント」は一番自由度が低いです。

その理由はあなたの転職に転職エージェントが付くため、志望度が高くても明らかにスキルマッチがしない場合は応募ができなかったり、応募数が少ないと場合急かされたりします。

特に「急かされる」ことを嫌う人は多いかもしれません。

なので記事のタイトルに「本気」でと書きました。

そもそも「急かされている」と感じた人は、転職に対する本気度がまだ足りないです。

そんな場合「自力で応募」か「転職サイト」をお勧めしますが、どちらにしても本気度が低い場合、転職の成功も望めないと思います。

エージェントも人間なので当たり外れがある

転職エージェントも人間です。

当然経験値も違いますし、性格も人それぞれなので、合う合わないが絶対あります。

そんな場合はエージェントの交代もできるので積極的に利用しましょう。

生活、ひいては人生に関わることなので、合わないと感じているまま転職を進めるのは危険ですし、お勧めできません。

まとめ

転職に本気なら絶対に転職エージェントを使うべき理由を話してみました。

転職エージェントと上手に付き合い、転職を成功に導いてください。

 

今回は以上です。